造形絵画教室 こどものひみつ基地



幼児から小学生対象の造形絵画教室。


立体工作、平面構成、絵画など

五感を刺激し、ワクワクするようなカリキュラムを用意。




子ども達の「描きたい気持ち」「つくりたい気持ち」を大切にして「自由な発想や感性」を引き出します。




つくるのが好き!おえかきが好き!

そんな「好き!」の気持ちは

こども達の魅力の1つです。


好きから始まるたくさんの造形体験が

こども達のエネルギーとなる経験になり

それは今後の「自信」に繋がります。


教室では

こども達の「好き」が「自信」になるための

お手伝いを致します。




高の原造形教室・京都山科教室




お知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

20191001日より、消費税率が10%に引き上げられることになりましたが、

こどものひみつ基地では消費税増税にともなう材料費の値上げはございません。

引き続き皆様に楽しくお通いいただけますよう、一層邁進してま いりますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。





2019年10月吉日

造形絵画教室こどものひみつ基地

代表  藤兼 和子


第68回 こども二科展入選

第68回こども二科展に


造形絵画教室こどものひみつ基地 から


高の原造形教室 3年生 まさとし君

山科教室 6年生 たかや君 


の2名が見事入選致しました。


おめでとうございます!


2人とも いつも自分らしく自由に描いている子達。

ワクワクしながら描いている姿は周りのこども達の創作力をさらに刺激してくれています。


今後も評価されることを目的とせずに


子ども達の「描きたい気持ち」を大切にして「自由な発想や感性」を引き出すようにしていきます。


みんなこれからも楽しんで自分らしく描いていきましょうね!


とはいえ、こうやってプロの大人に選んでもらえるのはとてもとても嬉しいです!!!

本当に入選おめでとうございます!!


---------------------------------------

【こども二科展】 


半世紀以上の歴史を誇る「こども二科展」は、西日本を中心に全国の園児、小中学生から毎年2万点近くの応募があります。二科会絵画部会員、会友の先生方により厳正な審査が行われ約1500点を選出します。前・後期に分けて、二科展が開催される大阪市立美術館(大阪市天王寺区)にて作品を展示。子どもの感性が光る愛らしい作品や、新鮮な色づかいの作品など、さまざまな個性あふれる作品を紹介します。特に優秀な団体には団体賞として二科ジュニア賞、産経新聞社賞などの賞を贈呈、入選した子供一人ひとりを表彰する式も会期中に行います。


第68回こども二科展


会期

10月30日(水)~11月10日(日)※11月4日(月)休館 

午前9時30分~午後5時(入館は閉館30分前まで)

会場

大阪市立美術館 地下展覧会室(天王寺公園内)

作品展示

塾、小・中学校、個人の部=前期(10月30日~11月3日)

幼稚園の部=後期(11月5日~10日)

前期、後期に分け作品を展示します。


第2回こどものひみつ基地合同作品展 開催

第2回造形絵画教室

こどものひみつ基地合同作品展

日時 令和元年

12月14日(土)~15日(日) 10:00~21:00 最終日は18:00まで

場所 文化パルク城陽 西館3階第2会議室

 

 

今年も文化パルク城陽で合同作品展を開催致します。

粘土や、紙や木工など色々な素材で一生懸命作った創造力あふれる絵画や立体を展示します。

 

教室での楽しい様子写真も展示致しますので、ぜひご覧ください。